杉崎裕斗プロデュース

大阪梅田の美容外科・美容皮膚科

グローバルビューティークリニック

0120-1107-090120-1107-09

医院情報

コラム

アートメイクとは?美しさを維持する医療的施術です

アートメイクと聞くと、何を想像しますか?

大人の女性にとってメイクは毎日欠かせない身だしなみ。朝の忙しい時間帯、少しでも身だしなみに対する時間を短くしたいと、誰もが思うのではないでしょうか。

「メイク時間を短縮できる」「すっぴんでも慌てなくてすむ」などの理由から、アートメイクをしてみたいと思っている人は、多いかと思います。今回は、アートメイクに興味はあるけれど、一歩が踏み出せない方のために、アートメイクとは何かをメリット、デメリットを挙げながら説明していきたいと思います。

アートメイクとは?

アートメイクとは、皮膚に専用の針を刺し、ごくわずかな色素を注入して眉やアイラインを形作る施術方法です。思い通りの形に仕上げることが可能で、眉やアイラインを自分で描く手間が省けるという理由から、女性に人気の施術です。

意外と思われるかもしれませんが、アートメイクは医療行為です。医師自身、もしくは医師の指示のもとで医療補助が行える看護師が、施術を行わなければならないとされています。当院では、医師の指示のもとで、専門の看護師が行っています。

※様々な大会で金賞や優秀賞を獲得しているナースが在籍

刺青(タトゥー)と何が違う?

当クリニックでも時々質問されることですが、一般的にはアートメイクと刺青(タトゥー)は同じではないか、と考えられているようです。

確かに、刺青とアートメイクは、針を皮膚に刺して色を入れるという点では同じです。

しかし、「目的」「色素を入れる深さ」「持続性」に、大きな違いがあります。

刺青は、腕、もも、背中など、自分の入れたい場所に好きな模様や色で装飾を施していきます。主に、ファッション目的として入れる人が多いと言えるでしょう。皮膚の深い部分(真皮)に入れるため、一生消えることはありません。

一方のアートメイクはどうなのでしょうか。

アートメイクは、眉、アイライン、唇など、元々存在する部分に施術を行う、美容を目的とした方法です。皮膚の浅い部分(表皮)に針を刺し色素を注入しますので、肌の新陳代謝により1~3年で徐々に薄くなっていきます。施術には2~3回の施術が必要です。患者様の要望が変わることもあり得るので、数回に分けて仕上げていきます。

分かりやすくいえば、
・まったくの白紙の上に好きな絵を好きな色のマジックで描くのが刺青
・紙の上に元々ある絵の縁取りや色をいずれ消えるペンでなぞっていくのがアートメイク

という違いがあります。

普段のメイクと比べてのメリット・デメリット

アートメイクにもメリット・デメリットがあります。

 

アートメイクのメリット

メイクの手順を簡単にするという意味では、次のようなメリットがあります。

  • ・すっぴんでいたい時、急な来客、急な外出時に慌てなくてよい
  • ・朝のメイク時間の短縮
  • ・スポーツをするとき時やプールへ行くとき、水や汗でも落ちない
  • ・生えなくなった毛をカバーできる
  • ・特にこれからの暑い時期、メイク崩れを心配しなくてよい

 

外出予定がない日は、メイクをお休みしたいと思いますよね。しかし、急に来客や外出しなくてはならない時があります。そんな時、アートメイクで眉やアイラインが整っている状態ならば、慌てることはなくなるでしょう。

アートメイクをした箇所は、水や汗で崩れることはなく、きれいな形を保ってくれます。メイク崩れの心配がないというのは、女性にとって大きなメリットと言えるでしょう。

特にこれからの時期は、プールや海などの水辺のレジャーだけではなく、山や街中でも汗をかくことはたくさんあるでしょう。そんなときにもメイク崩れを心配しなくて良いわけですから、常に美しい自分でいることができます。

アートメイクのデメリット

一方、どんな施術もそうですが、いくつかのデメリットはあります。

アートメイクの持続効果はおよそ1~3年。前述のように、徐々に薄くなっていきます。ただし、薄くはなってきますが、完全には消えません。完全に消したい場合には、レーザーなどによる除去が必要です。

例えば、太い眉から細い眉へと眉の形の流行が変わった時、髪の色に眉の色も合わせたいような時などは、施術を行った時期によっては対応しきれない場合があります。

もちろん、完全に消えないとはいえ薄くはなっていますので、メイクで少し色や形を整えることは可能です。薄くなり始める前に眉の形を変えるのが難しい、ということです。

アートメイクの施術の流れとケアについて

まず、患者さんの要望をお聞きし、アートメイクの施術の流れなどを、実際の症例写真とともにご説明します。そして、ご希望のデザインを描いていきます。

下書きしたデザインに沿って施術をしていくわけですが、その際に使用する器具は、当クリニックではすべて使い捨てのものを使用し、衛生面にも配慮しています。カウンセリングから終了までは、およそ1時間~2時間ほどになります。

洗顔、シャワーは当日から可能ですが、施術した部位のメイクに関しては、1週間後からお願いしています。アフターケアについてもきちんと説明し、患者さんが気軽に相談できる場を提供しています。

当クリニックでは、杉崎医師による麻酔を行っていますので、施術中の痛みはほとんどありません。もちろん個人差はありますが、施術後の腫れや痛みも、ほとんど無い方が多いようです。

施術後は数日間のダウンタイムが必要ですが、1週間もすれば、自然な形でお顔に馴染んできます。

まとめ

ここ数年、「アートメイク」という言葉はよく耳にするようになりました。施術を行う医療者も増え、一昔前と比べると、気軽に受けられるようになっていると言えるでしょう。アートメイクのメリットを考えると、女性の悩みを解決してくれる施術法であり、人気の施術であることはよく分かります。

しかし、どの施術においても、メリットしかないということはありません。後々、トラブルにならないためにも、メリットだけではなくデメリットも知っていただき、納得した上で施術を受けていただきたいと思います。専門の医師・専任の看護師に相談しましょう。

次回は、アートメイクの実態について、少し掘り下げてお伝えします。

 

無料カウンセリングを受けるなら

https://global-beauty-clinic.com/course/artmake/