杉崎裕斗プロデュース

大阪梅田の美容外科・美容皮膚科

グローバルビューティークリニック

0120-1107-090120-1107-09

医院情報

コラム

二重まぶたにするなら?「二重手術埋没法」を選択するメリット

「ぱっちりした目が可愛い」、「大きな目が美人の条件」など、二重まぶたを求める女性が、近年急増しています。一昔前と比較すると手術法も増え、自分に合った施術法が選べることも、理由の一つでしょう。

しかし、数ある施術法を前にして「どれを選んだら良いのだろう…」と不安を感じている人は多いと思います。そこで今回は、そのうちの一つである「二重手術埋没法」についてご紹介します。

 

埋没法とは?

まずは、埋没法と呼ばれる二重手術の概要について解説します。

埋没法とは、まぶたにメスを入れずに、二重まぶたを作り出す手術です。そのため「大がかりではない二重手術」として、多くの女性から注目されています。

具体的な手術内容は、細い糸でまぶたを留めるというもので、まぶたへの負担が少ないのが特徴です。まぶたの裏側から糸を通して留め、好みの二重幅を実現することができます。

二重手術埋没法を選ぶメリット

では、数ある二重手術の中から埋没法を選ぶメリットは何が挙げられるのでしょうか。

 

ダウンタイムが少ない

メスを入れないため、ダウンタイムは基本的に少なくてすみます。術後にメイクをして帰宅する女性もいるほどですので、「仕事や学校を長期間休めない」という女性でも安心して受けられるというメリットがあります。

腫れや痛みも少ないので、身体的な不快感も少なく、日常生活に支障をきたすリスクが少ないのが魅力です。

 

手術時間が短い

埋没法は、手術時間が短いというメリットがあります。

二重手術の一つである「切開法」は30分ほどの時間がかかるのに対し、埋没法はわずか10分程度で手術が終了します。仕事帰りや、休日の空いた時間などに受けられる手術ですので、忙しい女性にもおすすめできるでしょう。

 

もとに戻したり、別の形にしたりできる

手術後「やっぱり手術前の目の方が良いかも…」と感じたり、「別の形にすればよかった」と後悔したりすることがあります。

切開してしまうと、元に戻したり、修正したりすることは非常に難しいのですが、埋没法であれば、留めてある糸を取り除けば、元の目に戻すことができます。

二重の形や幅が気に入らなければ、一旦糸を取ってから再度手術することも可能なので、初めての人でも安心して「二重になった自分」を試せます。

 

切開法と比較すると安価

埋没法は、切開法と比較すると、安価でスタートできる施術法です。数万円で手術を受けられるクリニックが多いので、「あまりお金をかけたくない…」という女性でも受けやすいのではないでしょうか。

ただし、使用する糸の数によって金額は変動します。カウンセリング時に、必要な糸の本数や金額など、しっかりと確認しておく必要があります。

おわりに

女性にとって「くっきりとした二重まぶた」は、憧れのパーツですよね。しかし、手術に対する恐怖感や金銭的な不安、仕上がりに関する不安などにより、一歩踏み出せずにいる女性もいるでしょう。

そんな女性はぜひ「埋没法」を検討してみてはいかがでしょうか。意外にもあっさりと二重まぶたが手に入り、驚くかもしれませんよ。

 

読まれている記事

目元とはあなたの印象を左右する重要なパーツ

https://global-beauty-clinic.com/course/eyes/